関西と関東の文化的ギャップ

近所のお寺では、もう桜が咲いていました。

暖かくなってきて、もうすぐ4月ですね。


f:id:truth-cantabile0817:20180318202630j:image
 

 

 私は1年前から関東で暮らしていますが、

関西と関東では文化の違いが結構あります。

先に知っておけば良かったと後悔することもあったので、書き残しておきます。

 

◆通勤ラッシュがすごい 

通勤時の混雑が全然違います。

都心への通勤電車は、基本どれも満員。

始発駅近くから乗らないと座れません。

持てるつり革がなかったり、満員で乗れないときも。

仕事を決める前に、混雑具合を確認しましょう。

 

満員電車が苦痛な方は、都内への通勤はおすすめしません。

ただ、東京の方が高給ですし、仕事の種類も多いですよね。

都内に勤務したいけど通勤が辛い人は、

家賃は高いけど都内に住むか、

始発駅から遠距離通勤をして座れるようにするのもおすすめです。座れるだけでも体は少し楽になると思います。

また、特に首都圏ではリモートワークをしている会社も増えてきているようです。

通勤しなくてよいのは、羨ましいですよね。 

 

◆便利だけど人が多い

特に都内では、

街の規模も関西と違うし、

テレビによく出る有名なスポットもあるし、なんでも揃うし便利。

ただ、人混みがすごいです。

多分地方から来た人混みが嫌いな人は、

疲れると思います。

 

◆関西弁を貫くも良し? 

東京には地方出身の人がたくさん。

関西弁を貫いている人も私の職場では数人いました。

なので、言葉は直さなくても大丈夫かもしれません。

 

◆物価は関西のほうが安い

スーパーに行っても、関西とは物価が違います。

大阪は本当に安かった…!!

近隣のスーパーの値段を、確認しておきましょう。

 

 

◆横浜は坂が多い

横浜市の話になりますが、横浜は坂がとても多いです。

それゆえ自転車に乗っている人も、かなり少ないです。

激しい坂も多いので、物件探すときには注意してください。

 

◆風が強い

横浜は風が妙に強いです。

洗濯物はよくベランダに落下したり、片側にきゅーっと密集しています…。

洗濯物が落ちにくくなるグッズ(100均のもの)、おすすめです。

 

 

ざっと思いつくギャップはこんなところです。

もちろん、不満に感じることもありますが、

旦那さんが転勤族でなければ、

私は関西から出なかったと思うので、貴重な経験。

出来る限り適応して、頑張ろうと思います。