東京で派遣OLになってみる

はじめての関東への引っ越し。

 

仕事を決めるまで 

旦那の転勤が理由であれば、すぐに失業保険が給付されるのも知らなかったため、

早々に都内の派遣の仕事を決めました。

(※失業保険の給付については条件があるので、ハローワークに問い合わせがおすすめです)

 

 化粧品会社で物流事務の仕事。

今まで営業事務が長かったので職種が近く、化粧品・美容業界を希望していました。

 

働いてみると、契約内容よりも残業が何倍も多く、業務もトラブルが多発。

その上に大きな新規事業もあり、全社的に激務・配属先はそのトップレベル(に酷い)。

私は産休の社員さんの仕事を1週間程で引き継ぎ、初めは必死で仕事を覚えて、残業もたくさんしていました。

 

 

これで良いのかなと悩んでくる

しばらくすると、こう思うようになりました。

いくら頑張っても私は派遣だし、また引っ越しがある。

派遣が非常に少ない職場だったので、本音が言えず寂しいのもありました。

 

そして、引っ越しのたびに、退職・転職・人間関係をこなすのは、私には厳しい。 

性格によると思いますが、私は人見知りするし疲れやすい方なので転妻向きではないです。

中には10ヶ所近く帯同して転職している奥様もいるので、エネルギッシュな方や優秀な方は大丈夫なんだと思います。でも、年々疲れてくる奥様が多い印象です。 

 

転妻仲間探し 

転勤のもやもやを発散したいし、友達も関東にはほぼ居ないので、

何人もの転妻さんと会ってランチをするようになりました。(人見知りだけど、友達は欲しい!)

また、転妻さんのブログもたくさん読みました。

 

すると、在宅で事務やライターをしている人がたまにいることが判明。

在宅の仕事なら、私のもやもやを解決できるかも!と思うようになりました。

 

 

新しい働き方に興味津々

私は性格的に、大勢の人と関わる職種より、好きなことを追求する専門職が向いているように思えました。

また、都内での仕事はストレス・残業が多く、旦那さんと喧嘩になることもありました。

子供もほしいけど、この仕事との両立は難しい。

 

1年間、都内の会社で働いていますが、在宅の働き方を模索するために、

資格の勉強とこのブログを始めました。

 

f:id:truth-cantabile0817:20180311143319j:plain

写真は五反田あたりからの目黒川。

通勤時に通るのですが、きれいでした。